ティナ・シーリグの口コミです

読み終えて!今までと違う視点を持つことが出来ていたら!それはこの本と出会えたことが成功と言えるでしょう。そして私のこれからの人生においてもまだ可能性に挑戦し続ける勇気をいただきました。人生から学んだ経験則が盛り込まれていて、ためになるがやはり若いヒトが読んだほうがいいかも。

いまオススメの商品!

2017年03月23日 ランキング上位商品↑

ティナ・シーリグ20歳のときに知っておきたかったこと [ ティナ・シーリグ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

何か特別に目新しいことが書いてあるわけではないですが、この本が良い本になるかどうかは読む人にかかっているのかも知れませんね。新聞で取り上げられいて興味を持ち購入!面白そうです!!高校2年生の甥から、世の中をどう生きていったらよいかを書いた本がほしいといわれ悩みました。自分が読んだほうがいいかもしれないと思わされます。普段はフィクションの小説を読むので!ちょっとなじめなくて読み終わるのに時間がかかりましたが!演習とか面白そうでやってみたくなりました。世渡り上手に生きられる方法を知りたいだけだったのかもしれませんが!小手先のことではないような本を探したいと思っていたときに!紹介されたものです。子供がこの本を読んで、何かを感じ、一生懸命に生きてくれたらと祈っています。それでも!この書に出てくるような学生と出会ったことはありません。読んでいてこちらまでテンションが上がってきます。学んでいってもらいたい1冊です。最初のスタンフォードの大学生が5ドルからスタートするわらしべ長者的な実験を行う授業の話がインパクトがありますね。企業リーダーシップ・プログラムの学生向けの講演がベースとなった本ですし!タイトルには20歳のときに・・・とありますが!30歳でも40歳でも50歳でも役に立つ本だと思います。普段活字にあまり触れない為、難しく感じましたが読み応えがあると思います。「これからの正義の話をしよう」と同じ並びで売られているイメージがありますが!全く別物です。自分が殻を破りたくなった時に!もう一度読み直したい本です。起業家を養成する最先端の授業はこんなことをやっているのかと驚きました。レモネードがヘリコプターに化けるという話も、面白い話です。同時に今からでも二人の子供に読んでもらえたら決して遅くないと思いプレゼントしました。チャレンジ、チャレンジ!深い内容です。この本はそんな私の思いの全てが語られているように感じました。生きることの楽しさを感じさせてくれる一冊です。自分はとっくに20を過ぎてしまっているのですがタイトルが気になっったので購入してみました。最後の数ページは非常に勉強になった。道徳の教科書とかそういう読み物系が好きな人にはお薦めです。タイトル通り20の時にこんな講義を受講できる環境に身を置きたかったと感じました。それを楽しめれば成功も手にすることができるかもしれない。本書で言いたいことは失敗を恐れず!チャレンジすることが大事だ!ということが大筋なのだが!そのほかにも色々勉強になることはある。今いる場所に疑問を感じていたので!状況を変えるきっかけになりそうです。年齢に関係なく!誰がいつ読んでも全く構わない本だと思います。確かに大学時代にこういう講座が受けられていたら少しは違ったかもなどと思います。でも!筆者が伝えたかったことが何か感じ取りながら読んでいけば!多くの人の人生にプラスとなることでしょう。シーリグ,ティナ先生の番組見て、面白かったので購入してみました。高いです。紹介されている事例の多くはわかりやすいものですが!中には日本では通用しないように感じられる事例もあります。これは経営論とかモノの見方について、実例がとても豊富です。ただ、おそらく成功者と一般ぴーぽーの違いはここで、だったら、やれよ、ということなのだろう。10章にもあるように!著者が読者に伝えたかったことは!常識を疑う許可!世の中を新鮮な目で見る許可等をあなた自身に与えてください!というものです。ただ20までに知っておきたかったことばかり書いてあったかというと!正直そこは微妙なところですね(笑)。現在はきっと日本の大学でもそれなりに工夫をした講義が行われていると思いますが、それでもやはりスタンフォード大学でこんな講義が行われているのは羨ましいです。言わば歩んできた我人生と子供への接し方の反省でもありました。すでにベストセラーとなっていますね。おそらくたいていの人は頭では何となく分かっていることではないでしょうか? 「自分自身に許可を与える―常識を疑う許可!世の中を新鮮な目で見る許可!実験する許可!失敗する許可!自分自身で進路を描く許可!自分自身の限界を試す許可・・・」 これは著者が20歳の時に知っていたかったことであり!50歳のいまでもたえず思い出さなくてはいけないこと!とあります。社会人に出てから事業について考えると思っていましたが、今からでもできるということ、むしろ今から考えておかないと遅いということを感じいろいろなものに目が向くようになりました。「これからの〜」は哲学について、具体例を引用しつつも核心は抽象論で述べられていて片手間には読めません。全体を読むと!豊富な例と示唆が含まれていて!あっという間に読んでいくことでしょう。ぜひ!このような考えを持つ人が増えて日本が元気になったらと思いました。起業家精神について書かれた本です。自分は大学院一年で就職活動中です。年齢に関係なく!いくつになっても価値のあることが書かれている本だと思います。だが!わかっちゃいるけど!なかなか実行に移すのが難しい!というのが本音だと思う。ところで!本って何冊も買ってると!ばかになりませんよね。ある意味お手軽な読み物。送料無料の期間中は楽天ブックスで買おうと思います。孫(子供は既に大人になり手遅れのため)ができたら話してやりたい!こんな風に接したいと思うことが沢山ありました。幅広い年齢の人が読めると思います。『力』は地位に依存する!だからいつか無くなることも覚悟してその時を楽しめ...なるほど...まぁ!若い人が読んでも!実際にそのとおりにできるとも限らないわけで!結局は自分でやってみることしかない!そして本書のいうように!未来は不確実性であり!それゆえ面白いのだ!と。発想や着眼点は無限大に有るのだなと感じられる!刺激的な本です。 この本からは「常識を疑ってみよう!面白いことが起こるよ!」というメッセージを受けました。ある程度の年齢になってしまうと!自分も経験から学んだことが書かれているので!効果は半減してしまうかも!です。 アイデアややる気を出す方法!世の中のニーズを見つける方法など具体的な内容です。しかし、「20歳〜」という中年には負い目のある題名ではありますが、向上心さえ有れば何歳のときに読んでも良いのですよね。夏休みを機会に様々なセミナーに参加し様々な人と出会いました。